楽なトレード

ここのところ用事がいろいろとあって、この 3 週間ほどは夜になるまでは相場を見る時間がなかった。その夜も、やめていた酒を飲みながらチャートながめる程度だ。

1 時間足でのエントリータイミングを待つような時間はないし、疲労で判断力が落ちているので 5 分足でスキャルピングをしても負けるだけだろう。なのでいまはトレードスタイルをまるっきり変えてトレードしている。

損切り 10pips ・利確 15pips で固定して、 15 分足で見て 20pips 以上動く余地のある場面で入るだけ。入ったら基本的にはチャートは見ない。どちらかの注文が刺さるまでは放置しておく。今のところはルールはこれだけだ。

2 日目にすこし熱くなって 4 連敗 -40.8 pips という日があったが、今までのところは 14 勝 12 敗で勝率 53.8 % のリスクリワード比は 1.48 (とうぜんほぼ固定)・プロフィットファクターが 1.72 という結果になっている。獲得 pips は 88 。サンプル数が少なすぎるが、こんなトレードでも勝てるもんだなとあらためて感じてもいる。すこしずつトレードルールを改善していくつもりなのでもっと成績が上がるかもしれないが、この成績を維持するだけでも御の字だ。楽にやっているだけなんだもの。

エントリーした後でたまたまチャートの画面を開いていて、スキャならここ抜けたらヤバいってところを抜けてしまうところを目にする。即切って -3pips とかで収めておきたいんだけれど、ルールなんで我慢してチャートを閉じる。そのまま -10pips の損切りになっていることが多いんだけれど、たまに反転して利確になっていたりもする。このルールでやってみて、確率を受け入れることの大切さを再確認できた。あとひと月ほどでまたフルタイムでチャートを見ることができるようになるだろうけれど、そのときには元のトレードスタイルにずいぶんと変化が出ているだろうと思っている。

負けている人に対するヒントになるかと思って書いてみたけれど、これだけじゃ伝わらないかな。これでわかる人はもう勝っているだろうし。また時間があれば書いてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です