京都 11R 石清水ステークス

前走で 2000m 重賞を先行して活性化させた 8 フレイムコードが本命。鞍上には理解力か思考放棄が要求される場面なので知らない騎手なのは不安も、人気もなくて。

単勝 8   1 万円

  1. 1 着  11 ハナノシンノスケ  10 番人気
  2. 2 着  2 トーセンソレイユ  2 番人気
  3. 5 着  8 フレイムコード  9 番人気

不的中

1600m → 2000m → 1600m のバウンド式短縮の人気薄の先行馬を先団の後ろで折り合わせて、直線で差し込んできての 5 着。藤懸騎手、自分で上手く乗れたと思ってるだろうし実際に悪くない競馬なんだけど、今回は勝ちたいのなら他の選択が必要なケースで。

今回の予想で「バウンド式短縮」とか「位置取りショック」とか書かなかったのは、この馬のこの臨戦過程で 1 着狙いなら今回も早目先頭しかないと考えていたから。下りで引っ張ってるのを見て馬券は諦めた。直線の伸びを見ても、あそこで行かせてたら勝ってたと思うんやけどね。ここのところ凄く状態いいし。

まあでも、あそこで行かせて直線タレたら立場ないわけで、若手騎手がそんな競馬はできんのも理解できる。だから「鞍上には理解力か思考放棄が要求される場面」と書いておいたわけで。思考放棄に期待してみたんやけど、普通に好騎乗でした。そういう意味で騎乗にも馬券にも不満はない。が、長文なのはなぜ。 (2015-01-25-16:40)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です