馬券と相場 No. 002

いまにして思うと、馬券で生き残るために最も大切だった今井さんの教えは「単勝は 1 点に絞る」という教えと「単勝で 2 倍以下のオッズの馬券は買わない」という教えのふたつだったように思う。このふたつの教えを守ることによって、リスク / リワード比を悪化させることなく馬券に取り組むことができた。それに、購入金額の 95% 以上を単勝にすることによって、 1 頭の馬が勝つか負けるかという単純な形に賭けをもっていっていたことも良かったと思う。今から競馬をやろうかという方がもしいるとしたら、オッズ 4 倍以上の単勝 1 点買い戦略をおすすめする。もちろん、 4 倍以下の馬が勝ちそうだと思えたら、そのレースは見送るという条件で。

相場でも、リスク / リワード比を適正にするためのルール作りが絶対に必要だ。これはどんなトレード本にも書いてある当たり前の話なのだが、ほんとに大切なのだ。負けている人はこの当たり前のことが実行できていない。私もそうだった。日経 225 先物のトレードに慣れはじめた頃と、日経 225 先物のボラの低下で FX に移った頃。とにかく上手くやろうとしすぎていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です