剛腕騎手

当代随一の剛腕騎手といえば川田将雅。デビュー 2 年目くらいのときに中山ダート 1800 m の条件戦で蛯名をマクリ潰したときにはとんでもない若手がでてきたとたまげた。肩の強さで追うタイプで、南井さん以来の「剛腕」。

岩田騎手は腰というか広背筋下部で追うタイプ。彼は「持たせる」だけでなく、「動かせる」騎手。

動かせるといえば安勝。追い出し一完歩目からの、あのグッと来るトルク感は引退した騎手もふくめて他には記憶にない。あの力感は魅力的だ。

もちろん、上に書いたことは特徴を戯画化して表現したんであって、実際にはバランスされた中の微妙な差異だ。

そして横山典弘。最高の追い込みジョッキーなのに、ひとことでは特徴をあげられない。

なんにせよ、ノリと安勝と岩田の名レースでビール 2 リットルはいける。ただ、私はここ 5 年くらい競馬を見ていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です