ジャパンカップ展望

過去 5 年の日本馬をみてみると、秋 2 戦以上して連対したのは、 04 年の 4 歳馬ゼンノロブロイと、03 年ザッツザプレンティ・ 04 年コスモバルク・ 06 年ドリームパスポートの 3 歳 3 頭。

ゼンノロブロイは京都大賞典 1 番人気 2 着→天皇賞(秋) 1 番人気 1 着という、現役最強馬としての臨戦過程。 99 年スペシャルウィークと 00 年テイエムオペラオーと似ていて、 4 歳馬のこのかたちは有馬までふくめて崩れにくい。ただし、このうち 5 歳まで現役をつづけた 2 頭は、 5 歳時はパフォーマンスを落としている。

3 歳 3 頭は菊花賞からで、うち 2 頭は菊花賞連対後。菊花賞で連を外したコスモバルクも、 2 番人気 4 着と、大崩れはしていなかった。

以上から考えると、秋に 2 戦以上してきてここで連対するには、天皇賞(秋)でも連対している古馬か、勢いのある 3 歳馬である必要がありそう。

ちなみに、過去 10 年 3 着以内と条件を広げてみても、秋 2 戦以上していた古馬は 98 年バブルガムフェロー・ 99 年スペシャルウィーク・ 00,01 年テイエムオペラオー・ 00 年メイショウドトウ・ 04,05 年ゼンノロブロイで、全馬とも天皇賞(秋)で連対してきていた馬。 3 歳馬も、前記 3 頭以外でも 98 年スペシャルウィーク・ 02 年シンボリクリスエス・ 04 年デルタブルースと、前走で崩れていたような馬はいない。

1 エリモハリアー
9 月以降 3 戦してきて巻き返せるような馬とは。
44 点

2 ポップロック
前記の条件からすると、巻き返せなさそうで。ここは大凡走してくれたほうが。でも、適度には走っちゃいそうで。
46 点

3 コスモバルク
これも、ここで巻き返せるほどの馬とは。
44 点

4 アドマイヤムーン
前走の追い切りでは手応えの悪さにびっくりさせられたが、今回も変わらず。万全でなくてこの条件では分が悪くて。
46 点

5 チョウサン
巻き返し条件を満たしていなくて。
45 点

6 ヴィクトリー
条件は満たさないものの、いっそ惨敗してきたリズムは中庸よりはましではあって。
47 点

9 インティライミ
別路線も、朝日チャレンジカップがよけいで。疲労と馬のタイプ両面から、スローが欲しい。他馬の崩れ待ち。
48 点

10 メイショウサムソン
コスモバルクがよれるのをみこして内に進路を取り、コスモバルクが外によれはじめた瞬間に内から寄せていってよれを大きくしておいて外の他馬を壊滅。あとは開いた花道を悠々ぬけだすという、沈着冷静にして残酷な騎乗をみせた武豊。やっぱり素晴らしい。ただ、そういう神騎乗があったうえに切れの要求されない馬場も向いた前走からすると、単勝 1 倍台というのはさすがに人気しすぎで。単勝では逆らってみたくはなる。
51 点

11 ウオッカ
秋にはゆるい攻めしかしてこれなかった馬が、一頓挫あったあとの今回は直前だけ一杯の追い切り。状態にないと言っているようなもの。個体としても全盛期はすぎた。ただ、 SC だけにチャンピオン決定戦での巻き返しにはいつも一定の注意は必要で。
50 点

12 フサイチパンドラ
変則的なローテ。ダートで大敗のエルム S はカウント外の可能性もあるので、他馬の破綻があればあるいは。
47 点

13 ヒラボクロイヤル
リズム悪くて
44 点

14 ドリームパスポート
休み明けの不利のぶん、人気も落としていて。
51 点

15 ローゼンクロイツ
ここで巻き返せる馬とも。
46 点

18 デルタブルース
巻き返し条件に遠くて。
44 点

外国馬をやってる時間がなくなっちゃいました。きのうも書いたように 8 アルティストロワイヤルに気があったんですが、外国馬中では 1 番人気なのとノド鳴りの気があるということで、軸にはしづらくなってしまって。 50.5 点

まあ、△ドリームパスポート・○メイショウサムソン・△アルティストロワイヤル・×ウオッカの順で。馬券はドリームパスポートからかな。メイショウ以外の 3 頭は、それぞれどこにもいない可能性も大きいけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です