菊花賞展望 2

馬場の設定がむずかしいところ。このあたり、ふだん競馬を見ていないのがもろに響いてます。とりあえず、いまの段階では外差しが不可能ではないが上がりは速い馬場というのが前提で。

1 ヒラボクロイヤル
集中状態に入ってなさそうで。
47 点

2 ウエイクアイランド。
ここでは。
46 点

3 ブルーマーテル
ペースを乱してほしくて。
47 点

4 ロックドゥカンブ
やはりシンボリクリスエスを思い浮かべる人が多いみたいで。私も同じ。シンボリクリスエスが菊花賞に出ていたらヒシミラクルに負けていたろうというのが、ここでは評価を下げようと考えていた理由。この距離で流れに巻き込まれると、やや危険で。巻き込まれろ。
49.5 点

5 エーシンダードマン
前走で休み明けを人気より走ったとはいっても、 1000 万下ならそう気にしなくてもいいのかなという印象も。きのう書いたようにしつこさを持っているので、内枠はプラスで。
49.5 点

6 コートユーフォリア
強調材料に欠けて。
47 点

7 タスカータソルテ
巻き返しタイプの馬も、 G1 でそれというのも。
48.5 点

8 マンハッタンスカイ
過去 5 年で近 2 走つづけて掲示板をはずした馬が巻き返した例がないだけに、リズムの悪さが気になって。
49 点

9 サンツェッペリン
なだれ込み馬場になって S が要求されないと。
48 点

10 アサクサキングス
けっこう先行馬がいるだけに、四位だとそう恣意的に乗るとも思えず、ストレスのある状態ではちょっと苦しそうで。
47 点

11 フサイチホウオー
追い切りで口から泡を垂らしていたのは気になって。ただ、危険牌というか、切りたいけどやはり切るのは怖くはあって。
49 点

12 アルナスライン
中間プールに入れてるだけに、馬体重には注意で。もちろん絞れて。
52 点

13 ローズプレステージ
ファストタテヤマを連想したものの、戦績をみるかぎり、あの馬ほどの量は感じず。
49 点

14 デュオトーン
もっと摩擦のある馬場のほうが。
49.5 点

15 ベイリングボーイ
集中状態ではあるが、それを活かせる条件でもなく。
46 点

16 ドリームジャーニー
近 5 走すべてが追い込みというのは。
47 点

17 ホクトスルタン
S(CL) か。福島で強すぎる点が、想定している馬場だと、気になって。ただ、鞍上はやはり怖く。
49 点

18 ヴィクトリー
着順・位置取りともに前走が無難すぎて、なだれ込み馬場になってないかぎり、単勝という気もせず。
49 点

去年は馬場を読み誤ってソングオブウインド本命の予定をトーホウアランに切り替えるというヘマをやってしまったので、今年は慎重にいきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です