宝塚記念展望

欧州的なスタミナ型が有利とは書いたものの、そんな馬がいっぱいいますね。

1 スウィフトカレント
純チャンの瞬発力サンデーではないものの、このメンバーで末脚の持久力でたたかえるほどではもちろんなくて。
46 点

2 ウオッカ
スローの瞬発力勝負で異常なほどのパフォーマンスを見せてきた馬。消耗戦でさらに強かったという可能性にかけるには人気しすぎていて。それに、桜花賞の敗因はあきらかに疲労。桜花賞で人気を裏切った後だったダービー時より今回のほうが疲労面でもきびしいのは明白で。ただ、内枠を引いたのはこの馬にとっては救いだし、 51 キロが圧倒的に有利なのはたしか。切る立場としてはそのふたつは嫌な材料ではあって。
48 点

3 マイソールサウンド
リズム悪くて。
45 点

4 マキハタサイボーグ
ほぼ L のみの馬で、強い相手は。
46 点

5 ポップロック
今年の目黒記念は去年ほどは消耗戦でなく、この馬にぴったりとはいえない流れ。それでも完勝するあたり、充実していて。アクセルワークの微妙さは必要ない馬なので、武がそれをふまえた乗りかたをしてくれれば。今年の目黒記念のように矯めると、この相手では危うくて。去年の目黒記念での川田みたいな、慣性をつける乗りかたで。
52 点

6 アドマイヤムーン
私が想定している流れだと、 3 ? 5 着くらいのイメージで。
49 点

7 カワカミプリンセス
前走から条件は好転。
52 点

8 インティライミ
S のきつさでバランスをくずしているが、その S のきつさもやや投げやりなきつさになってしまっていて。もう本物の闘志を望むのは。
45 点

9 アドマイヤフジ
インティライミとちがって、こちらはもともとなげやりな S なので、好調期がまた来る可能性はあって。ただ、もうすこし叩いたほうがよさそうだし、量的な配合ではあるものの、もっと適性のある馬がたくさんいて。
47 点

10 アドマイヤメイン
延長 + 位置取りのダブルショックではあるが、本番で巻き返すような血統構成とも思えなくて。
48 点

11 ダイワメジャー
去年の宝塚とか有馬のように、 2200m とか 2500m の G1 では 3 ? 5 着のゾーンにおさまりそうで。
49 点

12 トウカイトリック
エルコンドルパサー産駒は末脚の持続力があるので時計が速いがゆえにスタミナ勝負になるようないまの阪神の芝は合うが、この馬は蓄積疲労が心配で。
48 点

13 ファストタテヤマ
よどみのない流れは苦手で。
47 点

14 シャドウゲイト
ダンシングブレーヴで、もちろん消耗戦は合う。
51 点

15 アサクサキングス
ダブルショックを派手に決めたあとなのは気になるものの、血統的にはシャドウゲイトと同じで。
49.5 点

16 コスモバルク
ぴったりではないものの、欧州の要素のある馬なので、上位馬の脱落があれば。
49.5 点

17 メイショウサムソン
適性面でも臨戦過程の面でも、べつにけちをつけるところもなくて。
52 点

18 ローエングリン
いまさら G1 でというのも。
45 点

まだ迷ってます。雨は降らないでほしいんだけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です