並んで、そして勝った

さっき家に帰ってレース映像を見た。馬体を併すことができたので抜かせなかった。並べば抜かせない。それが集中力系。あれだけ純チャンの C というのも、近年では記憶にない。こういう馬が集中力を活かす競馬をしたときにきっちり取るのが「 M 」の役割。気持ちええ。

とかいいつつ、出かけていたこともあって馬券はあんまり買ってなかったんだけれども。勝負勘はもう無いわ。でもまあ、これで今年はプラスで終えられそうではある。

ところで、レッドリーヴェルのタイプ判断はレース映像だけでやった。これは昔からだいたいそう。馬柱は補助に使うだけ。映像が持つ情報力は、馬柱やラップデータよりはるかに大きい。とくに、結合の強さ緩さなんかは走りを見ないと分からない。

まあとにかく、根幹距離で C++ が勝ったレースでほかの馬を買ってなくてよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です