エリザベス女王杯は買うかもしれない

興味を惹かれているのは外枠の 2 頭。

15 トーセンアルニカ
なかなかの集中力。(産駒の実際の成績は知らないが)量の供給を期待しづらいこの父の産駒として、小柄な牝馬の C 系というのは良い出方。
前々走は内で詰まっての凡走。そこで疲労を抜いておいて、前走快勝。集中状態での格上げ戦。
外枠は当然マイナス。前走が牝馬限定の 1000 万下というのも、かなり疑問ではあって。おまけに過去 5 戦が牝馬限定戦とダメ押し。

16 ラキシス
こちらも格上げ戦。別路線。 2 連勝ともに牡馬古馬混合戦。 C 系馬でも体力優位を活かすタイプになりやすいこの厩舎の管理馬らしいタイプで、外枠もこなせそうで。
しかし、レディオスソープにラキシス。そんな馬名が付くような時代になっちゃいましたか。マチカネ・ワンスモア。

馬券を買うならこの 2 頭のどちらか。ゆっくり考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です