今年の凱旋門賞についてと、そこからのあれやこれや。

相場について競馬についていろいろと書きたいことがあるなかで、まずは先週の凱旋門賞について書いておく。

武はディープのときにあの騎乗ができていれば勝っていただろう。スタート直後からずっとトレヴの後ろ。徹底マーク。上がっていくタイミングも同じだった。勝つ馬はあの馬で、キズナが勝つためにはあの馬を負かすしかないとわかっていた競馬だった。それで負けたのだからしょうがない。レース後の晴れ晴れとした笑顔はそういう意味もあるのだろう。すごい騎手だ。日本の競馬の歴史で最高の宝物だと思う。

で、ディープであの騎乗なら勝っていたとさっき書いたのはあえての極論だし、そもそも立場がちがうから同じような乗りかたなんてしようがなかったのは理解している。ディープは他馬をマークする立場ではなかった。

ディープについてあらためて思うのは、菊花賞での他のジョッキーたちの騎乗のひどさだ。勝ち馬のジョッキーが最も醜い乗りかたをしたと私が考えるのはトールポピーのオークスだが、負けた騎手たちの騎乗が最もひどかったのはディープの菊花賞だったと思っている。あの当時も書いたが、断然人気馬が長距離 G1 で口を割ったりして折り合いに苦しんでいるのに、誰もつついたりこすったりしない。外に出してみたり内に入れてみたり、武に好き放題させているだけ。もし武が他の馬に乗っていれば、ディープをかからせる工夫を遠慮なくしただろうと思う。あと、あのレースでは前につけていたアドマイヤジャパンのノリがディープのそばにいたらどうしていたか。

べつにディープに負けてほしかったわけじゃなく、もっといろいろな競馬をさせておくべきだったと思っているだけだ。そして、綺麗なんだが本気の戦いが見たい。

池添のあのオークスが醜いと思うのは、斜行のひどさとかより、あたふたして見苦しかったから。例えば、ジェンティルドンナの JC は、直線に向いたときにバテそうな逃げ馬が前にいて、内の馬を詰まらせるためにまずは池添が寄せていっているわけだ。それはぜんぜん汚いとは思わないし、勝つためにそういう騎乗をするレースを私は見たい。で、池添がそうくれば、手応えが良くて閉められた岩田が一発当てて進路を開けるのもとうぜんの騎乗だと個人的には考えている。どちらも騎乗も良い騎乗だ。ちゃんと意志がある騎乗だったから。

それなのに池添のレース後のコメントは醜かった。意志のまったくないただあたふたしただけのオークスのあのひどい騎乗をしたお前が、しかも自分から閉めにいっておいて何を言ってるんだと。

で、最後に凱旋門賞にもどると、やっぱりブエナビスタには 3 才時に行ってほしかったとあらためて思う。ヒシアマゾン・エアグルーヴ・シーザリオ・ダイワスカーレットと素晴らしい牝馬を何頭も見てきたけれど、適正的な面でも能力面でも、あの馬が一番凱旋門賞に向いていたんじゃないかという気がいまもしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です