科学で勝負の先を読む 投資からテニスまで先を読むため・読まれないための実践ガイド』 ウィリアム・パウンドストーン

科学で勝負の先を読む 投資からテニスまで先を読むため・読まれないための実践ガイド『科学で勝負の先を読む 投資からテニスまで先を読むため・読まれないための実践ガイドウィリアム・パウンドストーン 著 松浦俊輔 訳(青土社)、読了。

“randamness” についての本。人間はランダム性を認識することが本当に苦手だしランダムにふるまうこともそれに劣らず苦手だということをあらためて教えてくれる。そして、それを知っておくと、いつかどこかですこし有利にふるまえるかもしれない。

  (…) 同じものが 5 回続くほどランダムに見えない組み合わせはない。
 これが「ランダム」と「ランダムに見える」の違いを提起する。 HHHHH (と TTTTT )の出やすさは偏りのない硬貨を 5 回はじいたときに出てくる他のどの並びとも変わらない。「 5 回連続同じ」のほうがランダムではないとは言えない――ただ確かにランダムには見えない。( 46 頁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です