『饗宴』 プラトン

饗宴『饗宴』プラトン 著 久保勉 訳(岩波文庫)、読了。

饗宴の席でソクラテスは最後から二番目に語り、最後にアルキビヤデスが語るという構成の妙。テーマであるエロス(愛)について、このことだけでも多くを語っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です