『スタンフォードの自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル

スタンフォードの自分を変える教室『スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル 著 神崎朗子 訳(早川書房)、読了。

The Willpower Instinct という原題どおり、意志力についての本だ。

意志力は、トレーダーとしての成績に、最終的な影響をおよぼす。どんなにすぐれたシステムを使っていても、チャートリーディングにおいてどれだけ上達していても、意志力に問題を抱えていては成功はおぼつかない。

といっても、「意志の力」で欲求や欲望や衝動ををねじ伏せようとするような姿勢は、かえって逆効果だ。意志の力というのは、そんなに強いものではない。たとえば、この本のなかで紹介されている研究結果につぎのようなものがある。

2 つのおやつをすぐにもらうのと、 2 分待ってから 6 つのおやつをもらうのとではどちらがいいか選ばせることによって、人間とチンパンジーの自制心を比較するという実験だ。

 チンパンジーも人間も、待つ必要がなければ 2 つより 6 つもらうほうがいいに決まっていますが、待たなければならない場合には、チンパンジーと人間ではその選択に大きなちがいが表れました。チンパンジーはおやつをよけいにもらおうとして、なんと 72 パーセントが待ちました。いっぽう、ハーバード大学とマックス・プランク研究所の学生は、 19 パーセントしか待てなかったのです。( 234 頁)

あなたのも私のも、人間の自制心なんてこんなものだ。トレードになんてまったく向いていない。

そんな欠陥だらけの意志力しか持っていないからこそ、どんな場面で衝動に負けやすいのかを知り、あらかじめ対策をたてておかなければならない。そんな認識と対策のためのヒントをたくさん与えてくれる本だ。「欲求の波を乗り越える」というテクニックは、トレードでも役に立つだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です