ウィザードブックシリーズ 170 規律とトレンドフォロー売買法 ――上げ相場でも下げ相場でも利益を出す方法』 マイケル・ W ・コペル

ウィザードブックシリーズ 170  規律とトレンドフォロー売買法 ――上げ相場でも下げ相場でも利益を出す方法ウィザードブックシリーズ 170 規律とトレンドフォロー売買法 ――上げ相場でも下げ相場でも利益を出す方法マイケル・ W ・コペル 著 長尾慎太郎 監修 山口雅裕 訳(パンローリング)、読了。

 トレンドフォロワーのチャーリー・ライトは言う。「長い時間をかけて分かったことは、相場の動く理由も動く方向も本当はだれも理解していないということだ。あなたであれ、ほかのだれであれ、相場の動きが分かると思うのは幻想だ。 (…) 相場がいつ動くかは予測できないという最終結論に達したときに、トレーディングで成功し始めた。私の欲求不満は劇的に少なくなった。相場の予測も理解もできないからといって、何の問題もないと分かり、私の心は穏やかになった」( 377 頁)

上の言葉に、私は深く同意する。ところどころに素晴らしい言葉が出てくる本なのだが、やや散漫でかなり冗長なところを惜しく思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です