『ギリシア哲学者列伝(下)』 ディオゲネス・ラエルティオス

ギリシア哲学者列伝(下)『ギリシア哲学者列伝(下)』ディオゲネス・ラエルティオス 著 加来彰俊 訳(岩波文庫)、読了。

(…) さらにまた、どのような状況のもとでは人は心を乱さずにいることができないか、 <また同様に、どのような状況のもとではそれが可能であるか> ということについて無知な人たち、そのような人たちすべてを、われわれは軽蔑しなければならない。 (…)( 265 頁)

エピクロスのこの言葉は、トレード手法を身に付けるときの本質を突いている。のではあるが、まだ負けている人にはこういう言葉の意味はわからないだろう。

この巻も多士済済で楽しく読めた。二流以下の本としては上出来だ。

 「さらに、思慮ある人は、よく考えることもなしに行動して幸運であるよりも、よく考えて行動しながら不運である方が、まさっていると信じている。 (…)( 308 頁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です